ウィンブルドンテニス2021生中継の無料動画や見逃し配信をネットで視聴する方法

ウィンブルドンテニス2021 無料動画

『ウィンブルドンテニス2021』は6月28日に公開の注目の番組です。

3連覇を狙うジョコビッチ選手と、8度も優勝しているフェデラー選手の直接対決は見られるのか?ということで気になるところですよね。

見逃したりもう一度見てみたいという方も多いと思いますが、そうした場合の『ウィンブルドンテニス2021』の無料動画や見逃し配信の視聴方法についてご紹介します。


\無料で『初月』お試しできます/
WOWOWで動画を今すぐ視聴する

↓↓↓↓↓

wowow

※こちらの情報は2021年6月時点のものです。

視聴のタイミングによっては配信されていないこともあるのでWOWOWの公式サイトにて必ずご確認ください。

ウィンブルドンテニス2021生中継の無料動画や見逃し配信をネットで視聴する方法

では、『ウィンブルドンテニス2021』生中継の無料動画や見逃し配信の視聴方法をご紹介します。

ウィンブルドンテニス2021の動画を配信しているサービス

『ウィンブルドンテニス2021』の無料動画や見逃し配信は動画配信サービスのWOWOWで6月28日から配信予定です。

※動画配信サービスでの配信状況は以下のとおりです

動画配信サービス 配信状況 特徴
WOWOW ボタン ◯(配信あり) 初月は無料で視聴可能
スポーツやアーティストの中継多数
無料で初月視聴してみる!
U-NEXT ボタン 31日間の無料期間
業界最多の配信本数
初回登録時に600円分のポイント
無料で31日間視聴してみる!
Hulu ボタン 2週間の無料期間
日本テレビ系列の番組や海外作品が豊富
無料で2週間視聴してみる!
FODプレミアム ボタン 2週間の無料期間
フジテレビ系列の番組が豊富
雑誌読み放題のサービスも
無料で2週間視聴してみる!
AbemaTV ボタン 2週間の無料期間
テレビ朝日系列の作品が豊富
恋リア系のオリジナル作品多数
無料で2週間視聴してみる!
Paravi ボタン 2週間の無料期間
テレ東・WOWOW・TBS系列の作品が豊富
無料で2週間視聴してみる!
dTV ボタン 初回初月の無料期間
月額料金が安くオフライン視聴も可能
無料で初回初月視聴してみる!

WOWOWで無料動画や見逃し配信を視聴する方法

WOWOWは昔からライブやスポーツ観戦に力を入れているイメージが強いですが、近年ではそれだけでなく地上波では見れない豪華なキャストのドラマが見れることでも注目されています。

テレビでは見れないレベルのクオリティかつ豪華俳優が出演したドラマが多数放送され話題になっていますよ。

また、今のWOWOWはテレビだけじゃなくスマホやタブレットでもWOWOWオンデマンドが楽しめ、リアルタイムで見れなかったものも見逃し配信で見ることができます。

WOWOWオンデマンドの料金は月額2,530円(税込)となっていますが、初めてWOWOWに登録する場合申し込み月を無料で利用できます。

つまり一番お得に利用できる月初に登録すれば丸々1ヶ月無料で利用できますね。

WOWOWオンデマンドに登録すると

・映画やドラマ、アニメなどを幅広く放送する「WOWOWプライム」
・スポーツやライブの中継放送を行う「WOWOWライブ」
・映画を24時間放送する「WOWOWシネマ」

の3チャンネルも視聴することができます。

例えば
・中井貴一さん主演「華麗なる一族」
・瀧本美織さん主演の「出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年のこと」
などWOWOWオリジナルドラマやその他のSNSで話題のドラマを視聴できます。

ぜひWOWOWオンデマンドを登録し家でも、ランチタイムでもちょっとした空き時間に動画を楽しんでくださいね。


\無料で『初月』お試しできます/
WOWOWで動画を今すぐ視聴する

↓↓↓↓↓

wowow

※こちらの情報は2021年6月時点のものです。

視聴のタイミングによっては配信されていないこともあるのでWOWOWの公式サイトにて必ずご確認ください。

ウィンブルドンテニス2021の番組内容や出演者

それでは、『ウィンブルドンテニス2021』の内容についてもご紹介します。

番組内容

グランドスラム(四大大会)の第3戦、ウィンブルドンテニスの模様を連日生中継する。会場のオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケ・クラブのサーフェスは、グランドスラム唯一の芝で、球足が速くバウンドが低い。サーブやネットプレーなど、短い展開で勝負できるかが重要なポイントとなる。
2020年の本大会は、新型コロナウイルス感染症の拡大により、中止を余儀なくされたが、今回は観客の有り無しにかかわらず開催される。本大会が開催されなかったのは、第2次世界大戦後初めてのことで、中止により拠出された保険金を出場予定者はじめ、審判ら大会関係者に分配することも話題となった。
今回は2年ぶりの開催。全仏オープンは開幕が1週間延期となったが、本大会には影響はないとされ、予定通り現地の感動と興奮をお届けする。

圧倒的な強さを誇るR・フェデラー、N・ジョコビッチの歴代王者が変わらずの本命。その中でも注目は、40歳を迎える2021年、ウィンブルドンと東京オリンピックにフォーカスしている“芝の帝王”フェデラーの復活だ。そのフェデラーに2019年覇者のジョコビッチが挑む。一方、世界ランキングトップ10の常連となりつつあるS・チチパスやA・ズべレフ、D・ティームら若手たちの活躍にも期待したい。
女子テニスでは、芝のサーフェスが苦手ではない世界ランキング1位A・バーティや、前回の女王S・ハレプが優勝争いの本命。2019年に旋風を巻き起こしたC・ガウフのように、世代交代が著しい女子テニスで彗星のごとく現われる若手選手の躍進も必見。

出演者

第1シード:ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
第2シード:ダニール・メドベージェフ(ロシア)
第3シード:ステファノス・チチパス(ギリシャ)
第4シード:ドミニク・ティーム(オーストリア)
第5シード:アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)
第6シード:アンドレイ・ルブレフ(ロシア)
第7シード:ロジャー・フェデラー(スイス)
第8シード:マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)
第9シード:ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)
第10シード:ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)
第11シード:デニス・シャポバロフ(カナダ)
第12シード:パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)
第13シード:キャスパー・ルード(ノルウェー)
第14シード:ガエル・モンフィス(フランス)
第15シード:フベルト・フルカチュ(ポーランド)
第16シード:アレックス・デミノー(オーストラリア)
第17シード:フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)
第18シード:クリスチャン・ガリン(チリ)
第19シード:グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)
第20シード:ヤニク・シナー(イタリア)
第21シード:アスラン・カラツェフ(ロシア)
第22シード:ユーゴ・アンベール(フランス)
第23シード:ダニエル・エバンズ(イギリス)
第24シード:ロレンツォ・ソネゴ(イタリア)
第25シード:ニコラス・バシラシビリ(ジョージア)
第26シード:カレン・ハチャノフ(ロシア)
第27シード:ファビオ・フォニーニ(イタリア)
第28シード:ライリー・オペルカ(アメリカ)
第29シード:ジョン・イズナー(アメリカ)
第30シード:キャメロン・ノリー(イギリス)
第31シード:アレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)
第32シード:テイラー・フリッツ(アメリカ)

【女子】
第1シード:アシュリー・バーティ(オーストラリア)
第2シード:シモナ・ハレプ(ルーマニア)
第3シード:アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)
第4シード:エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)
第5シード:ソフィア・ケニン(アメリカ)
第6シード:ビアンカ・アンドレスク(カナダ)
第7シード:セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)
第8シード:イガ・シフィオンテク(ポーランド)
第9シード:カロリーナ・プリスコバ(チェコ)
第10シード:ベリンダ・ベンチッチ(スイス)
第11シード:ペトラ・クビトバ(チェコ)
第12シード:ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)
第13シード:ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)
第14シード:エリース・メルテンス(ベルギー)
第15シード:バーボラ・クレイチコバ(チェコ)
第16シード:マリア・サカーリ(ギリシャ)
第17シード:アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)
第18シード:キキ・バーテンズ(オランダ)
第19シード:エレナ・リバキナ(カザフスタン)
第20シード:カロリーナ・ムチョバ(チェコ)
第21シード:ココ・ガウフ(アメリカ)
第22シード:オンス・ジャバー(チュニジア)
第23シード:ジェシカ・ペグラ(アメリカ)
第24シード:マディソン・キーズ(アメリカ)
第25シード:アネット・コンタベイト(エストニア)
第26シード:アンジェリック・ケルバー(ドイツ)
第27シード:ペトラ・マルティッチ(クロアチア)
第28シード:ジョハナ・コンタ(イギリス)
第29シード:アリソン・リスク(アメリカ)
第30シード:ベロニカ・クデルメトワ(ロシア)
第31シード:パウラ・バドーサ ジベルト(スペイン)
第32シード:ダリア・カサキナ(ロシア)

見どころ

2年ぶりの開催となるウィンブルドン。男子の注目は第一シードでウィンブルドン3連覇を狙うジョコビッチ選手と、ウィンブルドンで8度も優勝しているフェデラー選手。この2名が同じトーナメントの山に入る可能性があるという。

女子は大坂なおみ選手が欠場。注目は第一シードのアシュリー・バーティ選手と、ウィンブルドンで7度も優勝しているセレナ・ウィリアムズ選手。セレナ選手はグラスコートの勝率が高いので、8度目の優勝もあるかもしれません。

配信された場合はぜひWOWOWを利用して『ウィンブルドンテニス2021』をお楽しみください。

ということで、『ウィンブルドンテニス2021』の無料動画や見逃し配信の視聴方法についてご紹介しました。


\無料で『初月』お試しできます/
WOWOWで動画を今すぐ視聴する

↓↓↓↓↓

wowow

※こちらの情報は2021年6月時点のものです。

視聴のタイミングによっては配信されていないこともあるのでWOWOWの公式サイトにて必ずご確認ください。