Nada Bottle

アメリカ

Taryn Jacobは動機に突き動かせれた起業家で、彼女とその友人たちで、清潔な水を貧困に悩まされている人々にもたらすための資金を集めるためNada Bottleを設立しました。彼女は旅行者やアウトドア参加者に革新的な折りたたみ式の水ボトルを提供することで資金集めを行いました。27歳になったTarynは、カンザス出身の若者で部屋の壁にはアフリカの大きな地図を貼り、旅に出たくてしょうがありませんでした。彼女は仕事を通して世界を体験するため、フライトアテンダントの仕事をしつつ飛行機で旅をし、Ringling Bros. and Barnum & Bailey Circusのバックステージ技術者として電車の移動をくりかえしました。彼女は「可能な限り小さな予算で」旅行することを学び、時には3ヶ月間のあいだ海外を中心にバックパッカーをしていました。どこにむかっても、やはり清潔な水の不足が問題であることを知りました。 「世界の主要な死因の1つは汚染した水である」と彼女は語ります。数年後、クレステットビュッテで、彼女の犬がプラティパスボトル(軽量ボトル)を噛んで遊んでいる時に、彼女は新しい折りたたみ式水容器を思いつきました。彼女の友人の助けを借りて、彼女はデザインや素材に取り組み始めました。ナイロンシートとアイロンを使ったキッチンでの実験を経て、丈夫で(犬の噛む力に耐えられる)軽量なプロトタイプを試作しました。デザイナーのAndrew McKeeは、軍事用のコーデュラ・ナイロン製の外装と、様々な目的で使用されるパラコード(パラシュートで使用される)がつけられた蓋を使用しました。ナイロンカバーは、BPAフリーのプラスチックライナーを太陽にさらされることによる劣化から防ぎます。ナイロンは、チームマスコットやロゴなどのスクリーン印刷にも適していました。Tarynは、清潔な水の必要性を訴え、Nada Bottleは「社会的なミッション」であるべきと主張しました。販売された各ウォーターボトルにつき、恵まれない地域に水のフィルターを寄付することを約束しました。完成した製品とミッションをもとに、友人たちは資金調達、製造工程の研究をはじめました。 Kickstarter経由で彼女らは340万円を調達し、1500本の水ボトルを受注しました。しかし、次のステージはなかなか過酷でした。Tarynは、「私たちは製造についてとても知識が少なかった。彼女らが望むナイロンは米国で製造されていなく、中国の製造業者に依頼するしかありませんでした。さらに、望んでいた製品の最小注文個数が、16,000ボトルであることを知りました。そのため、新たな資金調達と追加の借り入れが必要でした。その後、コミュニケーションの問題や遅延などにも悩まされました。理想の製品を生産するまでに、やり取りがスムーズにいかないことや遅延に悩まされることがありましたが、TarynはNada Bottleは数年後には、ビジネスが拡大し、さまざまなコンテナやデザイン、サイズやフィルター機能などを追加できることを計画しています。 「我々はまだ成長の段階にあるが、今まさに飛び立つところにいる」と彼女は語ります。壁に貼られたアフリカの地図を勉強していた子供だった自分が今は、安全で健康的な水の提供に貢献するまでになりました。 「これからも継続する上で、なぜこの活動を続けているのかを理解することが重要です、安全な水を必要な人たちに。これを達成する為には良い製品の開発とビジネスを軌道に乗せることが大切です」

購入したプロジェクト

購入したプロジェクト一覧

現在購入したプロジェクトはありません。

お気に入りのプロジェクト

お気に入りプロジェクト一覧

現在お気に入りに登録しているプロジェクトはありません。