MIKI_TAKEHARAの「ニルウォレット 」本音レビュー

nilwalletとは?

ラシカルが提案する、減らす財布シリーズの1つで、これからの時代にあったミニマムデザインなお財布の名称です。「ニル」はラテン語でゼロという意味があり、ミニマリスト向けに出来るだけ持ち物をゼロにしたい人向けに作っています。

「何よりも身軽を重視する!」

そんな人を対象に、ワクワクするような製品に仕上げています。


 

開発経緯-tailからnillへ-

既に好評いただき販売中のTAIL wallet(テイルウォレット)は以下のような仕様です。

カードやお札、小銭を収納できるギリギリのサイズと僅か16gという十分にミニマル仕様でしたが、さらに軽さやミニマル性といったご要望も多かったため、極限まで切り詰めて生まれたのがnilwallet(ニルウォレット)です。

ニルでは革を取り払い、あえて伸縮性のあるゴムバンドのみにしています。

またその他の改善点として、テイルウォレットではコイン収納がカードと同居で不安定な部分がありましたがニルウォレットでは本体表面に収納ポケットを2つ追加し、コンパクトになったにも関わらず収納力が向上しています。


 

初期モデルからの改良点

初期モデルからはタグのサイズと形状が変更になります。ページ内の画像は初期モデルで作成したものもありますが、タグ形状が変更になっているためご注意ください。


 

多くの高評価が集まっています

先行募集時には1,000人近い方からご支援をいただいており、またニルウォレットのベースとなったテイルウォレットにも多くの賛同をいただいております。


 

nilwalletの特徴

①究極ミニマリスト設計

単純な小さい財布では満足できないミニマリストの皆様向けに作った究極設計。テイルウォレットをベースにレザーを取り払い、更に軽く、スマートデザインにしました。極限までゼロに近づける究極の持たないを実現可能です。

②超軽量仕様

従来のテイルウォレットでも16gと一般的なミニマルウォレットの数十グラムに比べて、かなり軽量ですがニルウォレットでは更に数グラム軽い14gを実現しました。
わずか数グラムの差ですが、レザー甲冑を外し究極まで軽さを追求したニルウォレットにご興味いただいたあなたは、ハイレベルのミニマリストです。

③このサイズでも十分な収納力

ニルウォレットには、その見た目と裏腹に収納力も備えています。伸縮性素材によってカードは最大9枚前後、お札、コイン、SDカードなどを収納できます。

外側のコインポケットはウォレットの両側を握って少し変形することで取り出しがし易くなっております。ただしあくまでミニマルを推奨するウォレットのため、入れ過ぎると落ちやすくなったり、奥に入ったものは少し取り出しにくい場合もありますのでご留意ください。

究極は「何も持たない」が理想ですが、生活上どうしても必要な物もあります。ニルウォレットが提案するコンセプトが「減らす」ですのでお使いになる際は、この写真ぐらいの持ち物が理想です。
ニルウォレットを利用する際はできる限り少ない中身にすることを楽しんでみてください。


 

ご利用シーン


メインのお財布としてはもちろん、ちょっとしたお買い物用のサブお財布としてや、アウトドア、サイクリング、ジョギング、海外旅行、フェス、ウインタースポーツやビーチなど日常のあらゆるシーンでご活用いただけます。


 

カラーバリエーション

※ お使いのモニターによっては若干色味が異なる場合がある点についてはご留意ください。


 

オプションのご提案

【RFIDブロッキングカード】

オプションでラシカルオリジナルRFIDブロッキングカードもご提供しています。このカードを挟んでおくことで周辺4cm以内のカード情報を読み込みができなくなるため、スキミングなどからあなたの大切なカード情報を守ることができます。


 

製品仕様

【素材】
伸縮性のあるゴムバンド
【本体サイズ】
90×50×3mm
【本体重量】
約14g(生地等により多少誤差あり)


 

ご支援者様特典

ご支援いただいた皆様にはスペシャル特典としてラシカルオリジナルのカラビナを全てのリターンにセットさせていただきます。
※ニルウォレットのタグに付けてご利用は強度の問題からお勧めしません。タグに付けてご利用になる場合は破損等全て自己責任でお願いいたします。
 


 

nilwallet Gallery







 

製造パートナーについて


2008年から財布などの革製品の生産を手がける工場と提携して、今回のニルウォレットの企画・試作・製品化しています。この生産工場はヨーロッパ、アメリカのブランドを主な顧客としており、対応スピード、生産技術も高いため依頼に至りました。
今回の製品はこのパートナーの協力なしでは実現不可能でした。プロジェクトを成功させ、より一層のパートナーシップ強化とお返しができればと考えています。
また皆様へ品質の良いものを適正価格でお届けすることで、工場、ラシカル、ユーザー様全てが満足できる仕組みを目指しています。

 

実行者 Rasicalについて

皆様、この度は当ページをご確認いただきありがとうございます!
代表の真田と申します。

ラシカルは、これからの時代に必要な、シンプルでスマートな製品・サービスのご提供を目指して活動しています。日本でも話題になったモバイクや電子マネースマホ決済など、今の時代多くの製品・サービスが中国で生まれ、凄まじいスピードで成長しています。現在私自身は中国に身を置き、グローバルで戦うために大学に通いながら、フラットになりつつある世界を生きていくための顔の見える製品・サービスを展開するため奮闘しています。

これまでの実績として2013年にカーラッピングフィルムブランド「HAPPY KREUZ」を作り、2015年に事業譲渡しています。現在このブランドはオートバックス等多数の大手カー用品店で販売されています。
その後方向性を変え、ラシカルとして活動を始めてからは、中国ブランドしか存在しなかったアクションカメラ市場に、日本ブランドとして企画を行い、中国ブランドにはない品質やサポートで多くのお客様のご支援を頂きました。弊社が企画した製品、アクションカム「RA3R」はわずか1年間で5000台以上出荷しており大変嬉しく思っています。

そして、今回はクラウドファンディングにて製品化に成功したテイルウォレットをベースにした「ニルウォレット」を企画いたしました。出来るだけモノを持ちたくない私が、更なる軽さと小ささを求めて作った財布です。
普段は海外におりますが、日本の皆さまとコミュニケーションをとりながら成長していければと思います。

このプロジェクト実現には皆様のお力が必要です。今後も皆様の生活がより豊かになる、時代にあった製品・サービスを企画・開発し、皆様にご提供していく所存です。これからは個人の時代であり、なによりも人と人がコミュニケーションを取ることが最も大切だと感じています。
皆様と楽しくやっていきたいと思っていますので何卒宜しくお願い致します!

<ラシカルのコンセプト>

1.サプライチェーンの透明化 – Transparency of Suppy chain
生産工程、商品に関わる物語を公開し、生産側を知る機会を提供します。
2.生産者であり、消費者に – Make Prosumer
一緒にプロダクトを作る機会を設け、生産的消費者を生み出します。
3.あなたに合った商品を – Made for you
モノ・コトを通じて、新しい体験と共に、豊かな人生を送れる機会を提供します。

<ラシカルが望む未来の社会>
「衣食住さえも、誰かの細やかな恩送りによって成り立つ社会」


■ クラウドファンディングにおけるリスク・諸注意
本製品は量産に一切の問題はなく、プロジェクト成立移行はできる限り早くお手元に届けられるよう努力いたしますが、想定を上回る大量のご注文時や素材供給に時間が必要な場合など予期しないトラブル、また物流事情などで遅延が発生する場合がある点についてはご留意ください。
また各種カラーについてはご利用のモニター等環境によって見え方が異なる場合があります。

プロダクトを選ぶ