アスリートにも最適!スマートグラス!Recon(レコン)「Recon Jet」

販売価格

34,900円 税込み、送料込み

メーカー ディスカバラー
DISCOVER DISCOVER

残り

28

プロダクトを選ぶ

  • プロダクト詳細
  • 活動報告(0)
  • コミュニケーション(0)

アスリートにも最適!!Recon(レコン)Recon Jet

スマホや時計が高機能となっています。特に時計においては、スマートウォッチと呼ばれApple Watchの発売から爆発的に普及が広がっていますよね。
そんな中で次にヒットするであろうガジェット、それはスマートグラスでしょう。
メガネに地図や目的地までの距離、映像などが表示されればすごく便利になると思いませんか??
歩行中やランニング中に時計を見らずとも、携帯を触らずとも知りたい情報が自分の視野内にあるのです。
そんなスマートグラス、今回Recon Instrumentsか発売かれているRecon Jetご紹介します。

 

 

スマートグラスってなに??

この記事を読んでいただいている皆様の中には、そもそもスマートグラスってなに??と思われている方もいらっしゃると思います。
そんな方々に、スマートグラスの自己紹介をしたいと思います。

一般的にはグラス自体にディスプレイとカメラを搭載していて、PlayStation VRのような没入型デジタル環境とは違い、実際の景色に重ねて表示することができるものです。
ほとんどが単体では機能せず、WiFiやBluetoothよってスマートフォンやインターネットなどと接続して機能させることができます。
音声で操作が行える機種もがあり、直感的な操作が可能となっています。

ドラゴンボールに登場する、スカウターのようにSFの分野では定番のアイテムですが、関連技術が進歩すると共に開発が進められてきました。
スマートグラスの歴史は拡張現実の開発と並んで進められており、初めはは1970年代から軍事目的として研究が進んでいきました。
その後小型軽量化が進んで現在ような形となり、市民の元へ届いています。
なんと中国では人工知能と連動させて政府が市民を顔認識で監視することができるサングラス型のスマートグラスが警察に普及し、物議を醸しました。
主として大学などの研究機関で開発が進められて来たが、現在ではGoogleなどの企業が続々と製品を発表したことで認識が広がり、現在では数社から発売されています。

 

 

スマートグラスRecon Jet はどんな時に使うの??

前項ではスマートグラスの概要と歴史について簡単に説明しましたが、ここではスマートグラスは一体どんな時に使うのか、ということを説明していきたいと思います。

スマートグラスが使用される目的として適切なもの、それはランニングやサイクリング等のタイムや地図などの情報が必要とされるスポーツ時でしょう。
グラス自体がまだあまり普及しておらず、普通のメガネと比べると装備品がついているため、少し仰々しい見た目をしています。ですので普段から使用していると少し浮いてしまうかもしれません。

 

 

スマートグラスRecon Jetのデザインは??

デザインですが、これってすごく大事ですよね。どうせ使うのであれば自分が気に入ったかっこいいものを使いたいです。
ではRecon Jetはどうでしょうか。私自身の感想としては、スタイリッシュでかっこいい。です。

Recon Jetは数百のデザインを比較検討し使い勝手の良い製品を作り上げたとされています。
この形となるために様々な試行錯誤があったことが分かります。
この外見に関しての意見は個人で違うと思いますが、スポーツ時においては違和感なく最新技術によって使用している人のパフォーマンスをあげてくれることは間違いないでしょう。

 

 

スマートグラスRecon Jetの機能性能について

ここからはスマートグラスを使用するにあたって1番重要となる、機能についてです。
はたしてRecon Jetでは何をすることができるのか。このことについて説明していきます。

Recon Jetでできること
・スマートフォンと接続すると通知を確認できる
・ランニング中に自分のペースを確認できる
・装備しているカメラで動画及び写真が撮れる
・地図を表示しながら活動できる


これらが主な機能になりますので、1つずつ説明していきます。

スマートフォンと接続することで通知を確認できます。通話やメッセージはもちろん、ソーシャルメディアの通知も表示することができます。

ランニング中に自分のペースを確認できるという点ですが、1キロあたりの自分のペース、進んでいる距離、総時間を1つの画面に表示するのとができます。これはスマートウォッチでも可能なのですが、スマートグラスで確認できるということは腕を上げて時計を確認する動作が無くなるということです。

一見なんてことはない動きですが、ランニングやサイクリング中においてこの動きが無くなるということはとても大きいものだと分かっていただけると思います。

カメラで動画や写真を撮ることができる。これについては特にサイクリング中に重宝する事になりそうです。偶然良い景色を発見したとします。そこからスマートフォンを出して、アプリを起動してとなると、その場面はもう終わってしまっているかもしれません。
Recon Jetでは、ひと動作でカメラを起動し撮影が可能ですので、タイミングを逃すことなく風景を残すことが可能です。

知らない土地を走ったり、サイクリングをする時に地図を見ながらできるというのはすごく心強いですよね。。また地図をスマートグラスへ表示することで両手を空けることができます。この状態でしたら、走る時もサイクリングする時もストレスなく活動することができますよね。

 

 

Recon Jetの性能

コンピュータ・センサー・接続機能

CPU
・ 1 GHz Dual-Core ARM Cortex-A9

メモリ
・1GB DDR2 SDRAM
・8GB フラッシュ

センサー
・3D加速度計
・3Dジャイロスコープ
・3D磁力計
・圧力センサー
・IRセンサー

接続機能
・GPS
・Bluetooth 4.0 (Bluetooth Smart)
・ANT+™
・Wi-Fi (IEEE802.11a/b/g/n)
・Micro USB 2.0

ディスプレイ
ワイドスクリーンWQVGAディスプレイ(16:9)
仮想画像サイズ:30インチHDディスプレイ(約2mの距離から)
高周囲照明でも読みやすい高コントラストと明るさ

Glance Detection(視線検知)テクノロジーを含む省電力スリープモード

コントロール
光学式タッチパッド
・全天候対応
・グローブ着用でも使用可
2ボタン式スイッチ
オーディオ&ビデオ
POVフォト&ビデオカメラ
デュアルマイクロフォン
内蔵スピーカー

電源&バッテリー
バッテリー
・交換可能リチウムイオン(スペアバッテリーと簡単に交換可能)
・充電式(付属のUSBケーブルを使用してPCまたはUSB電源アダプタで充電可能)

バッテリー駆動時間
・最大4時間(外気温20度で外部センサーとスマートフォンに接続しカメラと地図を適度に使用した場合)
※バッテリー駆動時間は、Glance Detection(視線検知)無効、または "GPS always on" を有効で低温でハイパワーな使用をすると低下します。

 

 

Recon Jetの値段

Amazon 34,900円 (2019年10月11日現在)となっています。中々手に入れるのが難しくなっているようです。

 

 

まとめ

いかがでしたか??
今回は今後ヒットするであろうスマートグラスのひとつ、Recon Jetを紹介しました。
まだ発展途上のコンテンツなので不便に感じることもあるかもしれませんが、スポーツ時においてはみなさんのパフォーマンスを向上させてくれることは間違いなしです!
是非一度手にとって使っていただきたいです!

 

プロダクトを選ぶ

お気に入りに登録する

プロダクトを選ぶ