プロダクトを選ぶ

  • プロダクト詳細
  • 活動報告(0)
  • コミュニケーション(0)

スクリーンがデジタルボードに変身!
スマホとデータ共有・相互反映、遠隔ミーティングも
『GoTouch』


 

 GoTouch(ゴータッチ)とは?

タッチ機能がないTVスクリーンやプロジェクタースクリーン、壁面でも、GoTouchを使えば、大型のデジタルホワイトボードに変身させることができます。GoTouchでは専用ペンで画面上に筆記したり、投影した資料を保存したり、共有したりすることが可能です。スマートフォンやタブレット、PCなどと簡単にBluetooth接続できる上に、63gと軽量、さらに片手で握れるほどコンパクトなので、いつでもどこでも手軽に持ち運べます。

アプリを介して多数のデバイスとの相互通信が可能なので、メイン画面上の書き込みは通信中の全デバイスに共有されます。また、各デバイスで書き込んだ内容も、メイン画面や他のデバイスの画面上に反映されます。そのため、同じ空間に集まったメンバーが、各自のデバイスで画面を共有しながら、双方向のコミュニケーションをとることが可能です。GoTouchは、個人間のコミュニケーションだけでなく、会社の会議や学校、塾の授業などでも使用されています。また、インターネットに接続すれば、遠く離れた相手とも画面を共有できます。互いに、リアルタイムに書き込みをしたり、データを保存・共有したりすることができるので、コミュニケーション上のトラブルを防止し、効率を高めることが可能です。さらに、子供の絵の練習用ツールとしても活用できます。描いた絵を保存して、SNSで家族と共有することができるなど、様々な用途で利用可能です。



 

【GoTouchの特徴】

■ コンパクトで軽く、持ち運びに便利:
GoTouchは、本体(40g)、ペン(23g)の一体型で構成されています。ポケットサイズで軽量なので、持ち運びが便利です。





 

■ タッチ機能がないTV・プロジェクタースクリーン・モニター・壁などが書き込み可能なホワイトボードに変身:
GoTouchを使用すれば、タッチ機能がない、いかなる画面にも書き込みや描画が可能になります。

■ 設置が簡単:
GoTouchを使用するために、新たに購入しなければならない機器はありません。必要なのは、GoTouchとBluetooth接続するデバイス(スマートフォン、タブレット、あるいはPCなど)、映像機器(TV、プロジェクタ-など)、デバイスと映像機器を接続するケーブル(ワイヤレス接続の場合はケーブル不要)だけです。

〈設置手順〉
1st step:デバイスと映像機器を接続します。
2nd step:デバイスとGoTouchをBluetooth接続し、GoTouchのセンサー本体のレンズ部が、画面の中央を向くようにセット。
3rd step:ペンのキャリブレーションを行います。映像機器の画面上に表示される四隅のポイントを押せば、使用準備完了です。







 

■ データ保存と共有が簡単:
ホワイトボードに書いた内容を紙にコピーして配布する時代はもう終わり!GoTouchペンがあれば、 書いた内容をすぐに保存したり、複数人と一瞬で共有したりすることができます。

■ さまざまなファイル形式をサポート:
PDF、Video、Image、Webなど、様々なフォーマットのファイルに自由に書き込み可能です。 また、Windowsのバージョンによっては、PPTの上にも記録・保存ができます。

■ 100インチの大画面にも対応:
4インチ〜100インチまでの大型画面をサポート。



 

■ Windows・iOS・Android・Macと互換性アリ:
Windows, Android, iOS, Macなど幅広いOSに対応しているので便利です。



 

■ ペンをマウスのように使用可能



 

■ GoTouchアプリのさまざまな機能:
マウス&ペンの切り替え、文字の太さや色の変更、消しゴム、画像の保存、補助黒板、ミニツールバー、グループ共有、お気に入り、ファイルオープンなど、さまざまな機能を提供します。

■ ペン先が柔らかくスクリーンを傷つけない:
ペン先が特殊なシリコンでできているため、筆記画面上に傷をつけません。また、ペン先をバネ構造にすることで、柔らかい書き味を実現。筆記時に、ペン先を画面に軽く押しつけながら、楽に書き込むことができます。



 

■ タッチの応答速度が速い!:
GoTouchは、ペンの赤外線信号を一寸の誤差もなく追跡するために、 4K Ultra HD CMOSセンサーを搭載。よりスムーズな筆記を叶えました。

■ 1回のフル充電で、モバイルとの接続時は約8時間、PCとの接続時で約6時間の使用が可能:
充電しながらの使用も可能です。

■ アプリのグルーピング機能:
GoTouchアプリのグルーピング機能を利用すれば、同じ空間に集まったメンバー間で、各自のスマホなどを通じて画面共有が可能となります。お互いに情報を記録し合うなど双方向のコミュニケーションが可能となるため、グループ会議や学校などでも実際に活用されています。また、インターネットに接続していれば、国内外に関係なく、遠く離れた相手とも画面共有やリアルタイムな書き込み、データの即時保存・シェアが可能です。そのため、本社と支社間のミーティングや、取引先との会議にも活用されています。対話中の相手と、相互に視覚的なフィードバックの交換がリアルタイムでできるので、意見や考えの食い違いが減り、コミュニケーションの効率も上がります。GoTouchアプリによって、真の意味での双方向コミュニケーションが可能になるのです。
(アプリのグルーピング機能は、月額500円の有料サービスになります。)
(アプリを通じて、最大10個のROOMをつくることができます。ROOM1つあたりの定員は30名です。ただし、法人でご利用される場合は、リクエストを頂けましたらROOM数と定員数の調整が可能です)
 

【デザイン及び仕様】

<GoTouchセンサー>
-  重量 40g
-  電源
 バッテリー:Li-Poly250mAh
 動作時間:4時間
 待機時間:100時間
 充電ポート:Micro USB
- 接続方式
 Bluetooth Low Energy
- センサー
 センサー方式:CMOS
 解像度:4K
 センサー上下回転: 240度
 画角:38.3度(垂直&水平)
- 精度
 ピクセル誤差:±4 pixel
 最大画像処理速度:100 FPS
 応答時間:0.1秒
- 互換性
 スクリーンモード
 画面サイズ:最小4インチ最大100インチ(20インチから80インチを推奨)

<GoTouchペン>
- 重要 23g
- 電源
 電池:2x AAA
 動作時間:5時間
 待機時間:1000時間
- 伝送方式(インターフェース)
 赤外線発光素子
 圧力入力方式スイッチ
 日本TELEC MIC認定取得済み

製品品質保証: 購入後1年
(日本サーポトセンター: (株)EFG, support@enjoyfg.com)  



 

*パッケージ構成:センサー本×1/ペン×1/ペンキャップ×1/USB充電ケーブル×1/取扱説明書(日本語)

特典:先着30名様へGoTouchオリジナルポーチをプレゼント!    



 

さらに、先着50名様へ滑り止めスタンドをプレゼント致します。    



 

【実際の使用シーン】

既存のTVやモニター、レーザープロジェクターと接続している、コンピュータやスマートフォンの画面に、デジタルペンの機能を提供。持ち運べるホワイトボード・電子黒板として、営業担当者のプレゼンテーションや学校での双方向な教育、企業で行われる遠隔ミーティング、家庭内では子供の遊び・教育などに使用することができます。また、インターネットを介して同一の画面を共有したり、コンテンツの上に絵や文字を描きながら、お互いの考えをシェアすることも可能です。GoTouchは、正確で円滑なコミュニケーションを行うことができるようサポートしてくれる、デジタル筆記製品です。

▶タッチ機能がないデバイスで、画面上への書き込みを可能にしたいとき
▶TVやプロジェクターの画面、壁面など、どこにでも使用可能
▶友人や恋人間で、絵や文字を書きながら考えを共有できるコミュニケーションツールとして
▶子供の絵の練習用ツールとして。また、子供たちが描いた絵を、家族みんなで共有したいときに



 

▶営業担当者が訪問先でプレゼンテーションをするときに
▶顧客との双方向コミュニケーションを実現する、視覚的なコミュニケーションツールとして  



 

▶会社の会議で、メンバー間で同時に共有可能なデジタルホワイトボードとして



 

▶本社や支社間のミーティング、取引先との遠隔会議で
▶学校の先生と生徒の間で、双方向に通信して授業を行いたい時に      





 

【国内外で好評】


 

学校や研究所、家庭、会社など、さまざまな場所でGoTouchが活用されています。



 

【FAQ】

Q. GO TOUCHは、TV・プロジェクター画面・壁面など、どんなところでも書き込み可能ですか?
A.はい、映像が映し出せれば、どのような場所でもGO TOUCHペンで書き込みが可能です。ただし、表面がでこぼこしていたり、堅さがない場合は、スムーズに書き込みできない場合もあります。

Q. GO TOUCHペン以外のツールでの書き込みは可能ですか?
A. GO TOUCHペンとGO TOUCHセンサー本体は、赤外線で通信しています。そのため、書き込みをするためにはGO TOUCHの専用ペンが必要です。

Q. 1回のフル充電で何時間の使用が可能ですか?
A. 1回のフル充電で、モバイル機器と接続した場合は約8時間、PCと接続した場合は約6時間使用できます。
また、充電しながらの使用も可能です。

Q. GO TOUCHアプリはどのようにダウンロードするのですか?
A. Googleのアプリやアプリストアで「GO TOUCH」を検索してください。無料でダウンロードすることができます。

Q. アプリのグルーピング機能を利用する場合、相手のデバイスにもGO TOUCHが必要になりますか?
A. 相手側が使用する画面にタッチ(書き込み)機能がある場合、GO TOUCHを追加する必要はありません。一方、タッチ機能がない場合は、相手のデバイスにもGO TOUCHが入っていなければ、双方向コミュニケーションをとることができません。ただし、相手が書き込みを行う予定がなく、メイン画面上の情報を共有するためだけに使用するのであれば、GO TOUCHは必要ありません。

Q. アプリのグルーピング機能とは、どのような機能ですか?
A. 双方向コミュニケーションのためにはコミュニケーションに参加する人たちを集めて各ROOMを作る必要があります。各ROOMにはグループ長がいて、グループ長の許可を受けた人のみ同じROOMに参加ができます。同じROOMに参加している人の間で双方向のコミュニケーションが可能です。

Q. アプリのグルーピング機能を利用して、遠隔地2か所以上など、複数地域との双方向コミュニケーションは可能でしょうか?
A. ROOM1つあたりの定員が30人なので、人数がその範囲内に収まっていれば可能です。ただし、相手側の画面にタッチ機能がない場合は、お互いに書き込みができるようにするため、相手のデバイスにもGO TOUCHを入れる必要があります。

Q. アプリのグルーピング機能を有料で購入するには、どうすればいいですか?
A. GO TOUCHホームページにアクセスしてください。お支払い後にダウンロードが可能となります。
 

【チームの紹介】


 

GoTouchを開発、生産しているAnyractive社の社名は、「いつもどこでも相互作用する」という意味で、Anyとinteractiveの合成語です。InteractiveなIT技術を提供することで、世の中のコミュニケーションの手助けとなることを目的としている企業です。

韓国の大手キャリア会社で、ARと官公署交通ストリーミングサービスを構築した画像処理の専門家(12年)と、グローバルオリンピック情報サービスといった大規模なモバイルプラットフォームサービスを構築した開発者(15年)による、最新のインタラクションベースH /WとS/Wベースのアフィリエイトコンテンツを提供する会社です。 GoTouchの日本販売代理店(株)EFGは、現代社会の利便性と幸福を追求します。人々の笑顔や幸福へと繋がる商品を随時取り入れ、紹介していく予定です。今後も皆さんの生活をより豊かに、幸せにしてくれる製品をご紹介していきます。

株式会社EFG  "Enjoyment oF Giving, 分かち合いの喜び"
HP: http://www.enjoyfg.com      お問い合わせ: support@enjoyfg.com
 

プロダクトを選ぶ

お気に入りに登録する

プロダクトを選ぶ